体の不自由な人でも楽しめる

船に乗ってしまえばラクラク

東京に旅行に行く人の中には、足が少し不自由だったり、高齢で長い距離を歩くのがつらいという人もいるでしょう。
定年退職後は夫婦で旅行をするのが夢だったという人も、鉄道を乗り継ぎながら東京をあちらこちら見て回るのはかなり足腰に堪えます。
そんな足の不自由な人や、高齢だけれども東京観光を楽しみたいという人におススメなのが、屋形船に乗ることです。

貸切だけじゃない

屋形船というと、貸し切りの宴会場として使われるイメージを持っている人も多いでしょうが、乗り合いの船もあります。
この乗り合いの船は、いわばその日だけ観光巡りのために観光バスに乗るようなもので、一定時間、他の人と一緒に同じ船に乗り、観光名所を回るのを楽しむというタイプの船になります。
これなら、展望デッキから眺めるにしても、ただ立っているだけで360度に広がるパノラマの景色を見ることができますし、暑い時、寒い時は冷暖房の効いた部屋から窓を通して景色を眺めることができます。
部屋には椅子が置かれている他、冬場は掘りごたつを用意する船もありますので、冬に海の上に出るなんて寒いに決まっているという思い込みはまったくいりません。
むしろ、ぬくぬくと暖かいところにいながら、寒い東京の冬の景色を、これまた冷たい海の上から眺めることができるという、非常に貴重な体験ができることでしょう。

船内は充実設備だから安心

足の不自由な人や高齢になると、トイレに行きたくなっても移動が大変で、つい我慢をしてしまうということもあるかもしれません。
屋形船にはウォシュレット完備のトイレが付いていますので、洋式便座で楽に利用できます。
トイレがあるので、安心して飲み物を口にすることができますし、時間が長くても大丈夫です。
トイレはほぼすべての船に付いていると考えていいですが、規模の小さな船になると、掘りごたつや椅子ではなく、畳に座布団ということもありますので、足の不自由な人や、立ったり座ったりが大変なお年寄りにはきついかもしれません。
そのため、乗船前にどのような設備を備えた船かを確認し、充実設備の船を選ぶようにすれば安心です。

料理も楽しみ

屋形船というのは、もともとは大名や、裕福な町人が川に船を浮かべ、そこで料理やお酒を楽しむ目的で作られました。
それが、月日が流れ、船にエンジンが取り付けられるようになると、観光地を巡ることができるようになり、今では観光名所を見るための交通手段の一つとなっています。
とはいえ、もともとは船上という一風変わった場所で料理やお酒を楽しむための船ですので、屋形船に乗船するなら、お料理がついたコースを選んで申し込むのがおススメです。
どこを巡るかによって乗船時間は異なりますが、観光スポットを見ながらランチをいただくコースは、昼間の東京観光にはもってこいです。
船に乗って観光をしている間に、昼食も済ませられるのですから、下船した後は買い物などにゆっくり時間を使うことができます。
足の不自由な人や高齢者であれば、事前に料理付きプランで予約しておくことで、食事を摂る場所まで移動しなくて済みますし、何を注文しようかと悩む必要もありません。
何が用意されているのか、ワクワクしながら待つのもまた楽しいものです。
乗船者の過半数が女性の場合にだけ、特別な料理を提供する船もありますので、内容をよく吟味して、料理も船の設備も、そして観光ルートも最適と思える船会社を選び抜くのがいいでしょう。
そのためには情報収集が欠かせませんが、それすらも楽しい時間になるのではないでしょうか。
定年退職後の旅行はもちろん、老親を連れての旅行にも、きっと喜ばれるはずです。

東京湾で屋形船をつかって優雅に宴会を楽しむ提案

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA